Class Index | File Index

Classes


Class clipboardData


Defined in: sgc4jsee.jsee.

Class Summary
Constructor Attributes Constructor Name and Description
 
既存のclipboardDataを上書きします。
clipboardDataが確実に動作するように、他の既存機能を使って動作を代替します。
Method Summary
Method Attributes Method Name and Description
<static>  
clipboardData.getData(type)
クリップボードデータを取得します。
必ず新規タブを開き、そこにdocument.selection.Paste(eeCopyUnicode)で貼り付けて、貼り付け結果を保持し、開いた新規タブを閉じてから、貼り付け結果を返します。

既存機能では線形コピー時にgetData("BoxText")を呼ぶと空文字を返しますが、
このメソッドでは一行のみの箱型選択と区別できないため、最後に改行の付いた一行の線形コピー時にだけ空文字を返さず、クリップボードデータをそのまま返します。

<static>  
clipboardData.setData(type, data)
クリップボードデータを設定します。
必ず新規タブを開き、そこに指定されたデータを貼り付けて、指定されたタイプによる選択を行ってから、document.selection.Copy(eeCopyUnicode)でコピーして、新規タブを閉じます。
<static>  
clipboardData.clearData()
クリップボードデータをクリアします。
必ず新規タブを開き、全選択を行ってから、document.selection.Copy(eeCopyUnicode)で空文字をコピーして、新規タブを閉じます。
Class Detail
clipboardData()
既存のclipboardDataを上書きします。
clipboardDataが確実に動作するように、他の既存機能を使って動作を代替します。
Method Detail
<static> {String} clipboardData.getData(type)
クリップボードデータを取得します。
必ず新規タブを開き、そこにdocument.selection.Paste(eeCopyUnicode)で貼り付けて、貼り付け結果を保持し、開いた新規タブを閉じてから、貼り付け結果を返します。

既存機能では線形コピー時にgetData("BoxText")を呼ぶと空文字を返しますが、
このメソッドでは一行のみの箱型選択と区別できないため、最後に改行の付いた一行の線形コピー時にだけ空文字を返さず、クリップボードデータをそのまま返します。

alert(clipboardData.getData("Text"));
Parameters:
{String} type
クリップボードデータタイプ ("Text"と"BoxText"に対応)
Returns:
{String} クリップボードデータ

<static> clipboardData.setData(type, data)
クリップボードデータを設定します。
必ず新規タブを開き、そこに指定されたデータを貼り付けて、指定されたタイプによる選択を行ってから、document.selection.Copy(eeCopyUnicode)でコピーして、新規タブを閉じます。
clipboardData.setData("Text", "hoge");
Parameters:
{String} type
クリップボードデータタイプ ("Text"と"BoxText"に対応)
{String} data
クリップボードデータ

<static> clipboardData.clearData()
クリップボードデータをクリアします。
必ず新規タブを開き、全選択を行ってから、document.selection.Copy(eeCopyUnicode)で空文字をコピーして、新規タブを閉じます。
clipboardData.setData("Text", "hoge");
alert(clipboardData.getData("Text"));
clipboardData.clearData();
alert(clipboardData.getData("Text"));

Documentation generated by JsDoc Toolkit 2.3.2 on Wed Apr 27 2011 16:27:27 GMT+0900 (JST)
Source Code with JsDoc by 雪月花